光を放つ本とシルバーバーチの霊訓の文字

シルバーバーチの霊訓は、霊界の高い階層からの通信の内容を書き記したものであり、霊界通信の中では、最も信頼性の高い啓示の一つとされています。

他に重視されている通信には、アラン・カルデックの「霊の書」、モーゼスの「霊訓」などがありますが、これらを合わせて、世界三大霊訓と呼ばれています。

ここでは、シルバーバーチの霊訓について説明します。

もくじ

スピリチュアリズム

シルバーバーチの霊訓について知るためには、まず、スピリチュアリズムとは何かについて知っておく必要がありますので、簡単に説明します。

スピリチュアリズムとは

スピリチュアリズムとは、「人間の本質は霊であり、肉体が滅びても霊界で生き続け、現世の人間は、霊との交信が可能であるという思想」といった表現ができると思います。

では、なぜそのような事が言えるのでしょうか?

それを知るには、スピリチュアリズムの歴史を振り返る必要があります。

スピリチュアリズムの歴史の概略

1848年に、アメリカのハイズビルという村で、ポルターガイスト現象が起こりました。

その際に、アルファベットが書かれた板を使う事で、見えない存在から、通信文を受け取る事に成功しました。

それを発端として、このような心霊現象が頻発するようになり、ノーベル賞受賞者を含む、第一級の科学者や多くの著名人が、「心霊現象はトリックではなく、目に見えない何らかの存在が引き起こしているものであり、人間は死後も霊魂として存在し続ける。」と考えるようになりました。

それから、シルバーバーチの霊訓などにあるような、死後の世界はどうなっているのか、人間はどうあるべきか、どう生きるべきかといった、霊界からの啓示(思想、哲学)が与えられました。

シルバーバーチ

シルバーバーチは、三千年前に地上生活を送った人物とされています。

1920年から1980年の間、霊的能力者(霊媒)である、モーリス・バーバネルの体を使い、霊界の高い階層からの教えを伝えましたが、最後まで、自分自身の地上時代の名前を明かすことはありませんでした。

この理由の一つとして、名前を明かすことで、人類が、教えの中身を十分に吟味せず、盲目的に受け入れてしまう危険性があるという事が考えられます。

シルバーバーチは、自分の言葉を盲目的に受け入れず、理性によって受け入れるかどうかを判断しなさいと繰り返し述べています。(※1)

特に、宗教問題を考慮すると、妄信の恐ろしさは、改めて説明する事もないと思いますが、真理がゆがんで伝わる事がないように、こういった部分も綿密に練られているのではないかと思われます。

※1 シルバーバーチの霊訓(四)p102

シルバーバーチの霊訓とは

シルバーバーチの霊訓は、シルバーバーチが語った内容を記録したものになります。

霊界通信の内容をうのみにできない理由としては、通信霊自身が未熟であるために、間違った情報を送ってくることや、霊的能力者(霊媒)の潜在意識の影響を受けて内容が歪められてしまうことなどがあります。

その点、シルバーバーチの霊訓は、他の数多くの霊界通信と比較検討され、霊界からの教えを正確に記した矛盾のない霊訓とされており、スピリチュアリズムの思想を学ぶ上で最も重要視されています。

では、一体、なぜ、シルバーバーチの霊訓は、それほど高い評価を受けているのでしょうか?

その答えを知るために、シルバーバーチの霊訓の主要な教えをピックアップしたいと思います。

シルバーバーチの霊訓の主要な思想

博愛主義

人間は、本質的には、神様と同じ性質(神性)を所有しており、全ての人間が尊く、平等に愛すべき存在であるとしています。(※2)

つまり、博愛主義の立場を取っていますが、このような価値観の人が増えれば、世の中は、幸福な人が増えるように思われます。

現在の様々な問題の根底には、人を、国家、人種、民族、宗教、文化、性別、血縁、その他、様々な部類に分けて考える事により、争い、差別、偏見など、多くの問題を生み出しているのではないかと思います。

※2 シルバーバーチの霊訓(四)p226

因果律

宇宙は、変えようにも変えられない絶対的な自然法則によって支配されております。その中でも原因と結果の法則(因果律)が基本となっております。・・・あなたは今あるがままのあなたです。こうありたいと装ってみてもダメです。その行為の価値が魂を豊かにもし、貧しくもします。あなたみずから行ったことが、そういう結果を生んでいくのです。

霊的新時代の到来p36

因果律というのは、ある物事が起こり、それから、結果が生じる。そして、その結果が原因となり、それによる結果が生じるといった具合に、因果関係が連綿と続くという法則になります。

結果があれば、必ず原因があるという事です。

そして、正しい事(道義的に正しい事、人の役に立つような行為)をすれば、それをしただけ幸福になり、間違った事(道徳に反する事、人を不幸にするような行為)をすれば、それだけ不幸になるという事になります。

因果律自体は、科学的に証明できるものではありませんが、ある程度、人生経験を積んだ人であれば、経験的に理解できるようにも思われます。

過去を振り返り、自分なりに正しいと思われる事をした場合は、心に晴れやかさを感じ、間違っていると分かってやってしまった事については、後悔や後ろめたさにさいなまれるものではないかと思います。

また、徳を積んだ方ほど、心が豊かで満ち足りているように思われます。

免罪符(罪が軽減されるという証明書)を購入する事で、今まで犯してきた罪が軽減されるという事が理不尽である事は、理屈として理解できるのではないかと思いますが、因果律には、そのような理不尽さは存在しないようにも思われます。

ただし、この世だけを見ると、正しい行いをしていても、いつまでも不幸な境遇から抜け出せない人もいますし、多くの人を不幸にしたような人でも、苦しむことなく、のうのうと暮らしている人もいるように思われます。

当然の事ながら、因果律は完璧であり、完全に公平にできている言えるのは、死後の世界や輪廻転生が存在するという前提があります。(※3)

※3 霊的新時代の到来p37

死後の世界

死後の世界が存在する事を想定しなければ、「死んだらおしまいだから、生きているうちに楽しんでおこう。」といった快楽主義や、「自分さえ良ければ良い。」といった利己主義につながるように思われます。

そして、そのような価値観の人間が増えれば、自ずと、争いの世界になると考えられると思います。(※4)

科学が発展し、IT技術が進化した結果、人々は、様々な知識を手にできるようになりましたが、それと同時に、宗教も力をなくし、唯物思想が蔓延してきているように思われます。

死後の世界を考慮する事で、行き過ぎた利己主義に歯止めをかけ、人類の生き方の変革につながるのではと思われます。

※4 シルバーバーチの新たなる啓示p180

良心の声に従う

自分で正しいと思うこと、この方が得だとか都合がよいとかではなく、心の奥でこうするのが本当だと確信した道を選んで、突き進むのです。・・・あなたには、宿命的に有利な条件と不利な条件とがあります。しかし、同時に、あなたならではの才能をお持ちです。それを他人のために役立てなさい、わたしからはそう申し上げるしかありません。今生きておられる世の中は、涙と苦しみと悲しみと惨めさに満ち満ちております。そうした中にあって、あなたより幸せの少ない人たちのために役立つことをなさることです。

地上人類への最高の福音p37

どのような人にも、程度の差こそあれ、善悪の判断をする、良心が備わっているのではないかと思います。

人として、道義的にどうあるべきかという考えに従う事、シルバーバーチの言うように、幸せの少ない人たちのために役立つことをするという判断を、多くの人が下すようになれば、様々な不幸、悩み、問題が解消されるようになると思われます。

また、人間は、それぞれが、様々な能力を所有しています。

全ての人が、自分の持ち味を発揮し、金銭や地位、権力のためでなく、互いに役立つような事をすれば、自ずと、調和の取れた、幸福な世の中を実現できるのではと思います。

非常にシンプルな原理のように思われますが、このようなシンプルなことも、指摘されなければ、なかなか気づかないものだと思いますし、これだけ科学が進歩し、様々な情報を入手できるようになった現代においても、実現できていないものではないかと思います。

知識を増やす

いくら善人でも無知から霊的な罪を犯すことがあり得ます。・・・ですから、知識を増やすことです。霊格を高めることです。そうすれば霊的法則の働きについて一層の理解がいき、それによって人生を規制していくことができます。

シルバーバーチの霊訓(二)p51

極端な例として、カルト宗教について考えてみます。

カルト宗教は、詐欺行為やマインド・コントロールなど、反社会的な活動をする組織になりますが、末端の信者は、悪気があって犯罪行為を行っているわけではなく、むしろ、相手が、死後、天国で幸せになるためとか、地上天国の実現のためなどと信じて行っています。

つまり、その団体の教祖や幹部などの金銭欲や権力欲などのエゴを満たすために、自分たちが利用され、さらに多くの人に迷惑をかけているとは知らず、善行を積んでいると思い込んでいるわけです。

つまり、「無知」から、問題を引き起こしている事になります。

これは、極端な話ですが、既存の宗教の中にも、教義を妄信し、視野を狭め、自分や周囲の人の幸福や成長にとって、かえってマイナスになるようなことをしている所もあるように思われます。

その他、様々な問題の原因を考察してみると、当人は、善意で行っている事でも、無知から過ちを犯したり、未熟な判断を下したりしている事が多くあると思われます。

この世の問題を解決するために必要なこと

この世の中には、様々な問題が山積しています。

戦争、貧困、テロ、環境問題、殺人、暴行、虐待、差別・・・

これらの問題に対して、政治、経済、法律、科学、その他、様々な分野の専門家が、解決策を論じると思いますが、どこか、皮相的で、根本的な解決にはつながらないと考えられる事はないでしょうか?

例えば、科学の進歩によって、インターネットにより、様々な情報を入手できるようになりましたが、それを使って、人や社会を幸福で豊かにする情報を発信する事もできれば、詐欺などに利用する事もできます。

つまり、どれだけ科学が進歩し、宇宙の様々な知識を手にする事ができるようになったとしても、それを他人の幸福のために使用するか、自分の欲望(金銭欲、権力欲、名誉欲など)のために使用するかによって、新たな問題を作り出すか、幸福を生み出すかが変わってくるという事になります。

問題の根本的な原因を突き詰めて考えると、個人の「エゴ」と「無知」に行きつくのではないかと思われます。

思想や哲学といったものに、明確な答えはありませんが、シルバーバーチの霊訓を学び、日常生活において実践する人が増えれば、豊かで幸福な世の中に変えていけるように思われるのではないかと思います。

シルバーバーチの霊訓の書籍の紹介

現在、販売されている書籍には、以下のようなものがあります。

  • シルバーバーチの霊訓(一)~(十二)
  • シルバーバーチの教え(上・下)
  • スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ
  • 地上人類への福音
  • 霊的新時代の到来
  • シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ
  • シルバーバーチの新たなる啓示
  • シルバーバーチ最後の啓示
  • シルバーバーチのスピリチュアルな生き方Q&A